融資審査の面談がありました。

不動産のこと
スポンサーリンク

 

先日、不動産投資物件として現在買付けを入れているマンション購入にあたり、融資審査を受けている銀行の方が店舗にみえました。
詳しくは以前の記事「物件に買い付け証明を入れました」へ。

 

書類上の審査がある程度目処が立って、あとは夫の本業の自営業の様子や多分、人物評価的な事もあるのでしょうか。

銀行への融資依頼は投資会社からの紹介ですし、今まで電話対応していたのは全てわたしなので、初めての本人との面談となります。

その日はわたしは自営業のお手伝いの無い日だったのですが、夫が一人では不安らしく来て欲しいと言うので融資担当の方とのお約束の時間に店舗まで行ってきました。

面談を終えての感想は…

 

んー、ダメかも…。(・∀・);

 

夫はもともと、会話のキャッチボールが苦手なんですが、まさにその苦手な部分が全面に押し出された感じの面談でした。

わたしも少しはフォロー的にお話には入ったのですが、担当者さんはやはり融資名義人となる夫の話を聞きたそうでしたし。

知識として知っている事を言葉で表現するのが苦手なんですよね、夫は。いわるゆ口下手。

そのことをどの様に捉えられたかが、わかりません。

もの凄くよく解釈して下さった場合、嘘のつけない真面目な人間と捉えて下さるかもしれませんが、そうでなければ、せっかく振った話題を一言で終わらせるおごった人間と思われたかもしれません。

 

今回の融資が通れば、金利もかなりな好条件となるはずだったので残念ですが(まだ決まってないけど)、ダメならまた振り出しから始めるだけです。

 

それに、買付け証明を提出したのちに落ち着いて物件の検討をする中で、少し懸念事項も出てきています。

4階建てのRC物件なのですが、エレベーターが付いているんです。。

素人にはエレベーター付き物件の扱いは少し荷が重い(´-`)故障や修理には、かなりの費用がかかるからです。

この一点以外の条件は文句ないのですが。

 

どちらにせよ融資の審査結果はあと1週間ほどだそうです。

 

コメント