移住候補の田舎物件

日常のこと
スポンサーリンク

3連休にドライブがてら、田舎物件を見てきました。

以前不動産屋さんに良い所があったら教えて下さいとお願いしていて少し前に紹介されていた物件です。

今すぐに住み替えなどは予定していないので、不動産屋さんのお時間をとるのも悪いかなと思い、了承をとって夫と2人で外観と環境だけ見てきました。

土地は150坪ほどで狭すぎず広すぎず、物件の家の裏庭から横を流れる小川に降りれるのが、とっても気に入りました。

川に面しているというと少し用心が必要な気もしますが、近くにあるダムに流れ込むせせらぎ程度の小川なので、そんなに心配も無いんじゃないかと思います。

隣家との距離も十二分にあり、物件の一番近くの建物は風情のある公民館です。

今後もこういった田舎物件探しはボツボツ続けるつもりなので、後からの比較の為にもチェック事項を項目にして書いておきたいと思います。

 

私が田舎物件でチェックすること

・隣家との距離、プライベート感があること

→今回の里山古民家は、十分合格です。

・裏庭などで焚き火が出来ること

→小川も流れていて、存分に楽しめそうです。

・陽当たりの良さ

→今回の物件は、小川沿いという事もあり少し低地にあります。周囲は里山なので陽が陰るのは早そうです。

・500万円以内で水回りを含め快適な状態にリフォーム可能であること

→今回の物件は、建物自体もかなりの古さで修復歴など詳しく分かりませんが、少し難しいかもという印象です。

・大阪か神戸か京都の中心地へ車で1時間くらい以内で行ける

→大阪へ1時間圏内です。

・周囲が寂しすぎないこと

(ポツンと一軒家では無く、夜には隣家の灯りくらいは見えてほしい。出来たら街の灯りも見えてほしい。)

→今回の物件は、街は見えませんがすぐ近くにバス停もあります。

・出来れば井戸水もあること

→今回は無いようです。

 

以上、現在私が田舎物件を選ぶときにチェックしている事です。

建物自体にはそれ程こだわっていません。

今回のような古民家は、手直しして古い良さを活かしながら住めたらとても素敵だと思いますが、周囲の環境の方が優先なので、普通の昭和な感じの住宅でも良いかなとは思っています。

が、同じ古い家ならば、やはり材質のよい古民家希望かな(´∀`)

 

私は今、片田舎の住宅街の家にすんでいますが、せっかくの田舎を活かせていない気がとてもするんです。都会なら住宅街でも良いと思うんですが、せっかく田舎に住んでるのに周囲にがっつり家が並んでいるのってちょっと残念です。

全ての条件をしっかりクリアしなくても他にない良さがある事もあるでしょうし、結局はその時の巡り合わせですね。

 

今回の物件は、もし実際に住み替えをするタイミングでまだ残っていたら、もっとしっかり検討しても良いかなと思いました。

色々クリアしていない事はありますが、やはり裏庭の小川は大きいです(^^)

コメント