私の老後の楽しみ(´▽`)

ロングステイについて
スポンサーリンク

夫が自営業をリタイアしたら、夫婦で南国にぷちロングステイを繰り返しながら老後を過ごすのが夢です。

私の思っているのは、1年間とかの長期ロングステイではなく1~3ヶ月くらいです。

 

そう思う理由は色々ありますが、その一つに

日本を長く留守にするのは、様々な手続きをしなければ非常にコスパが悪い。ということがあります。

これは逆にいえば、手続きをすればコスパが良いとも言えるのかもしれませんが、ただこの手続きというのが、私には色々と難しく煩わしく感じてしまうのです。

①日本での住民税は、役所で国外への転出届けを出すことで支払わなくても良くなるようです。

年金も手続きしておくと、日本ではなく滞在国の税法で滞在国での課税となります。(租税条約締結国の場合)

③日本での自動車は手離しても、いくつかの条件が合えば保険の無事故割引きも引き継げるらしいです。

④またその時、不動産収入などを日本で得ている場合は日本で確定申告が必要になりますが、出国前に済ませておいたり、そうしない場合は税理士さんなどに納税管理人として依頼しておくことも出来るようです。

い、い、いろいろありますねっ(´・_・`)

 

数年間以上の長期滞在ならばチャレンジしようとするかもしれませんが、そうでないならば私にはちょっと敷居が高いです。

それ以外の理由としても、海外で長時間過ごすことの不安、病気、習慣、食事、孤独感などもあります。

さらに、日本をワゴンカーで周遊するという夢も実現したいですし(´∀`)

余りに日本を離れすぎてコミュニティに戻りきれないなんて事もないとも限りません。

 

こんな事を考えていると、やはり私はぷちロングステイを少し長めの旅行気分で繰り返すのが良いかなぁと思えてくるんです。

このやり方では旅行に近いので、やはり一時期よく言われたような(今も?)年金だけで海外で優雅に暮らすというような事は出来ないですが、以前の記事「ぷちロングステイの費用を予想」で書いたように、全くの夢物語という程大金が掛かってくるものでも無いと思います。

 

このリタイア後の楽しみがあるので、今はコツコツと毎日を暮らしていけます(´∀`)

コメント