不動産投資。2つ目の物件も区分マンションです。

不動産のこと
スポンサーリンク

 

わたし達夫婦が不動産投資を始めようと決意し、最初の1物件目を買った時のことは、こちら↓ 

アラフィフ不動産投資ばなし。その3
今日は、わたし達夫婦が不動産投資を始めようと決めてから、実際に最初の物件を取得した時までのことを時間の流れに沿って書き出しておきたいと思います。 最初の1件は、川上物件。 まずはネット情報と投資本を読みまくりました。同時進行で、...

で書きました。

今回は、その後の2物件目の購入時の事を書いてみたいと思います。

1物件目を購入したあと、振り返ってみて少し冒険だったかなと不安な思いをしたわたし達は(よく知らない不動産投資会社で取引きした為)、2物件目は知名度と実績のある会社で取引すると決めていました。

そして、1物件目の契約から約2ヶ月後にインターネットの不動産情報サイトでなかなかの物件を見つけました。今回も区分マンションで、今回は大手不動産会社仲介物件です。

さっそく業者へ連絡して物件を見学。前回同様入居中の為に部屋は見れませんが、立地や外観に問題はありません。

実は前回の様に業者へ訪問したら、実は…って感じでさらに好条件の物件が出てくる事も少し期待していましたが、そんな様子は全くなく。(´∀`)

まぁそうですよね。

そして前回と違い全く急がせる様子も買って下さい的な様子もサラサラ無いって感じです。

ちょっと1物件目の時に、すごく乗せられて煽てられてという待遇を受けた為、このどっちでも良いですよな感じは拍子抜けな感じがしたんですが、逆にそれでしっかりと冷静に判断する事が出来たと思います。

築年数は1物件目より4年ほど古く、最寄駅の規模も少し小さいですが、それでも京阪神の人気駅です。前のものより少し広いワンルームですが、価格は安め。

購入を決めてからは、1物件目と同じ様な流れで、初業者訪問の日から約1ヶ月半後に金消契約となりました。

融資銀行は前回と同じだったので、書類等を新たに揃える必要も無くとてもスムーズに進みました。

こちらの物件もオーナーチェンジ物件で、元々の入居者さんが既に8年住まわれている状態でした。入れ替わりの際の家賃下落の心配がありますが2年経過の現在はまだ続けて入居して下さっています。

1物件目も6年住まわれている状態でのオーナーチェンジでしたが、2年経過後の3ヶ月ほど前に退去され1ヶ月開けずに入居が決まりホッとしました。そして家賃は以前の家賃が決まった時点から8年経過しているにもかかわらず現状維持です。リフォーム費用はなんと4万円の負担で済んでいます。

下落リスクを少しでも防ぐ為に、人気駅を選ぶ事の大切さを実感しましたが、2物件目もそう上手くいくかは分かりません。

今回は、大手業者さんの仲介という事で安心感もあり穏やかな気持ちで取引きを終えることが出来ました。

営業さんは特に勧めてくるでも無く、淡々とこちらの意向に沿って動いて下さいましたが、金消契約の日、わたしは同席しなかったのですが夫に向かって、私も個人的に買いたい位な物件です、と仰ってくれたそうです。そして奥様にとフラワーアレンジをプレゼントしてくれました。

こういう気遣いは、とても嬉しいです(´∀`)。

コメント