ロングステイと移住と永住と。

ロングステイについて
スポンサーリンク

ちょっと気になったので、移住とロングステイの違いについて調べてみました。

 

私がめざすロングステイは、以前に書いた事がありますが、「ぷち」です(^-^)

期間的には3週間〜1ヶ月くらいは一回の滞在でいられたらいいなぁと思っていますが、時によっては旅行と呼んだ方が近い場合があってもいいかなって思っています。

ただ若い時の様にあっちもこっちも観光を入れたりするのはキツくなるだろうし、まぁそれも出来るんならやれたら幸せですが… ゆったりのんびり生活する様に過ごしたいと思っています。

でも一般的に使われているロングステイという言葉がさすのは…と思って調べてみると、

⚫︎永住や移住ではない比較的長期にわたる滞在(2週間以上)

⚫︎海外に生活必要設備の揃った住居を保有又は賃貸している。

⚫︎余暇を目的としての滞在で、現地の人々との交流などもする。

⚫︎旅よりも生活を目指す。

⚫︎生活資金の源泉は日本にある。

(ロングステイ財団HPより)

ほう〜、そうなんだぁ。まぁ私のロングステイという言葉が持つイメージとほぼ一致してます。目指すぷちロングステイ とは多少異なるかなぁとは思いますが(^-^)

一方、移住という言葉はビザをとって就労も出来る、余暇を目的としていない長期滞在を指して使われている事が多い様に感じますが、カナダなどかなりの長期間、条件によりビザ免除の国もある為、ロングステイと移住の言葉の使い分けは特別はっきりした決まりが無い様に感じました。ビザ無しで就労無しの移住も有るようなので。でも移住という言葉が永住とイコールの様な使われ方をしている事もあるので、更に???

永住については、永住権の取得という大きな違いがあるとは思いますが、ロングステイ、移住、長期滞在、という言葉に関しては、それぞれ使用者の主観で使い分けられているのかな〜

という結論に私の中では落ちつきました(^-^)
何かの名前や言葉に縛られる為にやるわけじゃないので別に良いのですが、ちょっと気になってたのでややスッキリです(^-^

コメント