リタイア後に住みたいところ。

日常のこと
スポンサーリンク

現在、わが家は地方都市の端っこにある住宅街で暮らしています。
ホントに端っこで、車で10分も走れば山に囲まれたキャンプ場もあります。

この片田舎暮らしには良い所もたくさんあるのですが、
はっきり言って飽きてきたんです。

何せ生まれた実家もすぐ隣町で、結婚してから2度ほど引っ越しましたが全て隣接市界隈。
もう少し都会に住みたい!

でも大都会は無理です。
だって田舎暮らしに慣れた私たちには車の便利さを今更手放せないので。

 

というわけで、夫のリタイアを機に転居を考えているわけですが、その転居先についていろいろ考えを巡らせています。

わが夫婦のリタイア後の生活の楽しみは、南国ロングステイなのですが、
それ以外にキャンピングカーとまではいかなくても いわゆるワゴンカーで国内も周りたいと思っています。

 

せっかくならそれらを実現しやすい環境に引っ越したいと思っています。
ロングステイでいえば、例えば国際空港の近くか、リムジンバスなどが発着している場所とか、
とにかくアクセスに苦労しない所に住みたい。

それから、1~3ヶ月間も留守にする事を考えるとやはり戸建てではなくマンションでしょう。

 

ドライブが趣味の一つでもあり、国内周遊ワゴンカー旅もしたいので、車の出し入れが便利なできれば平置き駐車場のマンション希望です。

でも全国どこでもよいかっていうと それは無理で、やはり現在の地元からせめて2時間圏内に転居したい。
地元に親戚もいるので。
いつもボンヤリと考えてはいますが、こうして文章にすると考えがまとまって良いですね。

 

要するに、わたしの転居先の希望は、

現在の地元から2時間圏内
まあまあの都会
平置き駐車場のあるマンション
国際空港へのアクセスの良さ

です。

 

こんなのいっぱい有りそうです。
これらの条件を備えたものの中から、周囲の環境を良く調べて、決めなくてはいけないですね。

例えば、

・マンション住人の雰囲気
・好きなスーパーがあるのか
・救急対応可能な病院が近くにあるのか
・気持ちの良い お散歩コースがあるか

などなど。

 

もちろん価格は最重要項目です。
いくらでも出せれば、すーぐに見つかるでしょうが、そうはいかない。

現在の自宅を売却した範囲内で転居費用など全てを賄える所でないと無理です。
ちょっと古めのマンションになるとは思いますが、上記の希望をできるだけ叶えられる住処をこれからじっくり探していきます。

 

そして、あんまり考えたくない話ですが夫婦どちらかが1人になれば、わたしはサービス付き高齢者住宅の様な所に入りたいと思っています。

その費用は、住んでいたマンションの売却費と、国民年金。それからその時点で残っている余裕資金を充てれば何とかなるはずだと思っています。

 

さて、それまでに何回ぷちロングステイが出来るか?

資金づくりがんばろう…(´∀`);

 

 

コメント