ウィークリーマンションで街ステイという暮らし方。

日常のこと
スポンサーリンク

 

近ごろ老後の住まいについて考える事が多くなっています。

リタイア後は、その時経済的に出来そうであれば海外へのぷちロングステイを年に1ヶ月ほどはしたいというのが希望です。

 

それから何度も書いていますが、国内周遊ワゴンカーの旅を1カ月。

 

残りの10カ月を日本でどこで過ごすか、なんですがそこが色々悩むというか迷うことを楽しんでいます(´∀`)。

 

あれも良いなぁこれも良いなぁと、考えている内に都会での住まいはウィークリーマンションでも良いかなという案も出てきました。

なぜなら住んでみたい街があり過ぎるんです。やはり引越しってなかなか労力も費用もかかるのでそうそうウロウロ出来ないけれど、一つの街に絞れないんです。

 

そのかわり、元々考えていた都会のマンションが老後のメインの住居で、併せて小さな山小屋を持ちたいという考えから変更して、山小屋の方をメインに考えるという感じです。

子育てを終え、学校への通学などを気にしなくて良くなると本当に自由ですね。

 

ウィークリーマンションなら、家具も備品も全部揃っているのでボストンバッグ一つで移動でき、その時の状況次第でステイの期間も決められます。今までの住居は1つという固定観念すら私の中では崩れつつあります。

 

山小屋に暮らしながら、体力と気力と資金が許してくれる限り都会の好きな街に、今年はここ来年はあそこと、ウィークリーマンション暮らししてみるって良くないですかね?

 

書いていて、リタイア後の夢の一つの国内周遊ワゴンカーの旅と、ウィークリーマンション暮らしって合体できるかも、とも思いました。

大阪市内で50平方メートルの部屋が光熱費・退去時清掃込みで20万円/月くらいの様です。ワゴンカー旅の中に取り入れると駐車費用が掛かってしまうので、やっぱり別の方が良いかもしれません。

 

こんな事考えてると、楽しいです(´∀`)。

コメント