わが家の緩やか糖質制限。

日常のこと
スポンサーリンク

軽度の白内障と言われました

なんとなく、夜に車の運転をするとき、対向車のヘッドライトが以前よりまぶしいなと思っていたら、眼科で軽度の白内障ですねと、言われました。

えーーっ、もう?

わたしアラフィフなんだけどなぁ。なるんですね、白内障(´∀`);

とりあえず夜の運転は極力やめねば。

でも視力検査では、レンズ調整で1.2まで見えているんです。先生のお話によると、わたしが夜の運転の事を訴えなければ、白内障という単語は伝えなかったと思いますよ、との事。

白内障は眼の水晶体が濁ることによって、いくらレンズ調整しても視力が出てこない事が問題みたいですね。だから、本当に軽度というか初期のようで、特に目薬なども貰っていません。

急に進行することが無いとは言い切れないから、気になりだしたら早めに受診してね、との事でした。

うん、なら大丈夫という事ですね。

でも知ったからには気になるし、せっかく教えて貰ったんだから眼に良い事していきたい。

白内障予防で検索すると…

  1. なるべく強い紫外線、赤外線を避ける。
  2. 糖尿病などの生活習慣病にならない生活習慣をつける。

などが書いてあります。

 

1.については、赤外線が問題になるのは、溶接など特殊な職業の方の場合が多く日常の中ではあまり問題になるレベルのものはないそうです。

紫外線は気になりますが、眼に悪い以前に女性の場合は特に、日焼け対策として結構紫外線は避けているものですね。

でもお肌に日焼け止めクリーム塗っていても、日傘の下から、あぁ眩しいな~なんて海を眺めたりは良くないですね。

そのシチュエーションもわたしの場合そうそうあるものじゃ無いですが、日中の運転は時々しています。

そういう時には、サングラスを取り入れるように気をつけていきたいと思います。

 

2.糖尿病などの生活習慣病にならない生活習慣をつける。

については、わが家は糖尿病家系なんです。

わたしの父も祖父も曽祖母も糖尿病でした。

糖尿病は、白内障になる確率が上がる以外にも様々な合併症がいわれているので、これは本気で取り組むべき問題です。

もともと健康志向の強くないわたし。定期的な運動もしていません。

打ち明けると、続けなきゃと焦る事のストレスが身体に悪いのでは?くらいの甘えた考えの持ち主なんです。

でも一つだけ今年の初めくらいから取り組んでいる事があります。

それは、糖質制限なんですが、今回少し問題が浮上してきた白内障の予防にも、糖尿病予防という面で共通しています。

 

今日は、わが家が今取り組んでいる緩やかな糖質制限のことについて書いてみたいと思います。

糖尿病予防、そして白内障予防にもなります!

 

緩やか糖質制限を始めるきっかけ

きっかけは昨年末の血液検査です。

なんかこのところ調子悪いなぁ、身体が怠いなぁ、これが更年期障害かぁ、と思っていたのですが、元々もっている持病の定期検査のときに受けた血液検査の結果が結構ひどい貧血だったんです。

その時処方された鉄剤を2ヶ月ほど飲んだら数値は正常範囲に収まりました。

そして、驚くほど身体が楽になりました(´∀`)/

鉄不足って、精神にも悪影響のようですね。そういえばわたしも身体の不調とともに、少し鬱傾向があったかもしれません。

身体が軽く感じると共に、気持ちも上向いた様に感じます。

え、健康でいるってこんなに楽なもんなの?

完全健康体を目指すわけじゃないですが、それまであんなにシンドイ日常を過ごしてたのが損してた気分になり、これは健康を意識した生活の方が自分にとって全然得だな、と思いました。

今後も貧血にならない食生活とともに、わが家にとっての不安要素である糖尿病になるリスクが高いという問題に取り組んでみようと思い、始めたのが糖質制限なんです。

 

わが家の緩やか糖質制限

糖質制限の本なども読んで、最初はなんだかストイックに、家族にも色々制限しましたが、これではちょっと続かないぞと感じました。

それにわたしや夫はともかく、子ども達には良いと言われていることにせよ、余り偏った事をしたくないですもんね。菌が悪いからといって無菌部屋で育ててはいけない様に。

糖質制限をネット検索すると、良い悪いの情報もまだまだ混在していて、スーパー糖質制限のレベルはしっかりとした知識に基づいて行わなければいけない様です。どちらにしても、そこまでの根性もない今のところはそこまで出来ませんが。

そして、何ヶ月かの試行錯誤ののちに、現在続けていてこの後も続けていけそうだと感じている事を書き出してみます。

・ドクダミ茶

無農薬の粉末のドクダミ茶を特に夕食の前にはしっかり飲んでいます。

食事の最初に生野菜を摂ると、血糖値の急上昇を抑える効果があると言われていますが、ドクダミ茶にも血糖値を正常に保つ効果があるそうです。

別に不味くないです。

・白米と玄米と半分ずつの割合で炊飯。

白米はとらない、と最初の頃は頑張りましたが、ちょっとムリがありました。今は半分玄米を混ぜて玄米コースで炊いたご飯をお茶碗に軽くよそって食べています。まずまず美味しく頂けます。

・間食は、主にナッツ類と、プロテインジュース。

ナッツに含まれる脂肪分は、健康効果の高い不飽和脂肪酸なんだそうです。

その他の甘いお菓子を全く食べない訳ではないですが、ナッツとプロテインで空腹感が無くなるので、お菓子の量はぐんと減りました。

・料理の糖分は、ラカントSに切り替え。

一時期砂糖はほとんど使わず料理していましたが、流石に煮物も食べたいし煮物には甘みが欲しいです。調べるとラカントSに含まれる糖質は血糖値に影響を及ぼさず、安全性も高そうだったので、現在は全てラカントSです。

・子どもの間食のカップ麺は、糖質制限のものに。

成長期男子の食欲はすさまじいですね。
常に何かを食べたがるので、カップ麺はよくお世話になりますが、これも糖質制限版が市販されていて助かります。
糖質制限されたお菓子類もたくさん出ていて購入しやすいですが、まあ子どもたちは自分が好きなもの買って食べています。

でも自ら糖質制限のものを買っている時もあって少しは意識してくれている様子です。

・摂っているサプリ

マルチビタミン、B50、C1000、E400、ナイアシン250mg、鉄18mg(私のみ)です。

 

以上がわが家の緩やか糖質制限になります。本当に緩やかですが、少し意識するだけでいいので続けられています。

始めて10ヶ月ほど経ち、貧血が改善したせいもあると思いますが身体が軽くなりました。気分の落ち込みも以前よりもずいぶん前向きになったと思います。(結構色々あるのです(´∀`);)

ブログしてみようと思ったのもそのお陰かもしれないです。

あとは、風邪をひかなくなったのとお肌の調子が良いと思います。

そして因みに体重が4kg落ちました(´∀`)/

 

参考に。
厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」

コメント